第12回 サロンの選び方

 

あなたたちは、どうやってサロンを選んでるの?

ま、まさか!!
「自分を選んでくれる所だったらどこでもいい・・・」
なんて弱腰なこと、考えてないわよね!?

ダメよ〜ダメダメ。
(あっ、人のギャク使っちゃったわ(^^;;)
ずっと働いていくわけだから、他人本意で決めちゃったらダメなのよ。
大事なのは自分で選ぶことよ!

どうやって選べば良いかわからない?
そうね、じゃあ、今からサロンの選び方を伝授するわね。



 

はじめてサロンに就職するあなたも
いろいろ事情があって転職するあなたも
まずは、あなた自身が、何に価値観を持っているかを
考えなくちゃいけないの!!

以下の手順に従って考えてみて。

(1)自分が働きたいサロンの条件(価値)をノートに10個以上書き出す。
例えば
「給料がいい」「人間関係がいい」「職場環境がいい(オシャレ)」
「家から近い」「オーナーが魅力的」「憧れのスタイリストがいる」
「お客様に若い女性が多い♥︎」などなど


(2)それらを、一番大事だなと思うことから順番を入れ替える。
結論
あなたの望むサロンとは?
それはあなたの上位3つの条件をクリアできるサロン
どう?
あなたの望むサロン像が見えて来た??
次は自分の望むサロンかどうかの見極め方よ!

 

 

自分の望むサロンが見つかったら、サロン見学には必ず行くのよ!
実際のサロンを自分で体感して、自分で見極めることが重要なの。

サロン見学では、会社の雰囲気を感じたり、
社長の話などを聞く機会もあると思うんだけど、
それ以外にも以下の2つのポイントを参考にしてみて。

(1)サロン見学の際に実際のサロンの雰囲気をチェックする
(2)サロン見学の際にスタイリストの話を聞かせてもらう

 

 

 

まずは、サロンに入った時の雰囲気だけど、
サロンに入った時の雰囲気で、自分が好きかどうかってわかるじゃない??
「雰囲気」って、とっても大事なのよ〜。

例えば
お客様とはあまり話さず、静かにゆっくりした雰囲気のサロン
お客様とは和気あいあい、笑い声が耐えないにぎやかな雰囲気のサロン

大きく違うわよね。
どんなサロン雰囲気のサロンなのか?
その雰囲気が好きかどうか?
自分はどんな雰囲気のサロンを求めているのか?
考えてみて。


次に、スタイリストとの話についてだけど、
「どのくらいの期間でスタイリストになったか?」
「先輩の指導はどんな感じなのか?」などを質問してみて。

そうすると、「手取り足とり教えてくれる」のか、
「ある程度教えてもらったら、後は自分の努力次第」なのかなど
そこからもサロンの体質がわかるのよね〜。

そこでも、自分で考えてみて
とにかく、急いでスタイリストになりたいか?
実力をしっかりつけてからなりたいのか?
先輩から手とり足とり指導して欲しいのか?
ある程度自主性に任せて欲しいのか?
などなど

自分でサロンを見て感じて、先輩から話を聞いて考えて、
それらを、まとめて
「いったい自分の望むサロンってどんなサロンなのか?」
と再度、自問自答することが重要なの。

その結果、実際に自分の望むサロンはココだ!と思うのか
いや、他にもこういう条件の所を探してみよう!と思うのか
何らかの結論がきっとでるわ。






美容業界だけでなく一般企業に勤める人も含めて、
離職した人の1番の辞める理由は何だかわかる?

答えはね…
「人間関係」
なのよ。

人間関係って大切よね。

サロン見学に行って感じた
スタッフとお客様の人間関係
スタッフ同士の人間関係が
自分にあってるかどうか、しっかり考えるのよ!


今日はこの辺で
ごきげんよう。

キャサリン

2014年10月20日

  • メインバナー