第1回「社会人になる」ってどういうこと??

 

 こんにちは!はじめまして❤これから、就職活動に関して、皆さんにお伝えしていくナビゲータのHIROです。

就職活動(以後、就活って書きますね)が初めての人も何だかわからないうちに就職して、
もう一度人生を考えている人にもお役立ち情報満載でお送りします。
基本的なHOW TOから、就活の現状まで盛りだくさんにお伝えします!
 
今日は、就活の入り口のお話を・・・
「社会人になる」って??
社会人というのは一般的に、社会とのかかわりの中で、
一定の責任をもって行動したり、生活したりしている人のことです。
多くは、自分で働いて生計を立てている自立した大人ことを言います。
「社会人」は、以下の3つのことを自立するよう求められます。

●経済的自立
自分で働いたお金で、収入に応じた生計を立て、税金や保険料といった社会的なお金を支払い、
衣食住に必要なお金を貯蓄も考えて、計画的に使うことです。

●自己管理
自分の健康状態や時間の管理を適切に行い、生活のリズムを正しく保つことです。
例えば、「暴飲暴食をしない」「約束の時間を守る」「睡眠を十分に確保する」「公私を混同しない」などです。

●自己責任
自分の言動、選択、判断の全てに「責任」を持つことです。
自分の権利を主張することも大切ですが、それに伴う責任を自覚することも社会人の基本となります。

社会の一員としての責任ということで、「会社のルールに従う」の壁が待っています。

これから、会社やお店を選ぶみなさんには、
その「会社のルール」が自分の目指す方向とあっているかどうかを見極めて面接に臨んで欲しいのです。

ということで、これからは、「私の求める(=目標)会社」探しの旅に一緒に行きましょう!

HIRO

2014年05月26日

  • メインバナー